FC2ブログ

ブレイブ・ストーリー

ブレイブ・ストーリーの映画のCMばかり目にする今日この頃ですが、
映画ではなく、本を読みました。
映画も観たいのですが、多分DVDレンタ待ちだろなぁ。

いやぁー、よかったですよ。とっても。
冒険が主となりストーリーが進んでいくと思ったのですが、
本では、上巻のほとんどの部分がワタルの現世(うつしよ:現在)の生活のこと。
彼の家庭環境、親子のこと、学校のこと、友達のこと・・などです。
その背景があった上での幻界(ヴィジョン)での冒険なんでしょうね。
中巻から下巻では、幻界(ヴィジョン)での冒険の旅が描かれています。
様々な出会いであったり、困難に立ち向かったり、そして願いを叶える女神さまに会うために宝玉を集め旅をしていきます。
ラストを読むころには、きっと、自分にとって何が大切なのか?勇気とは?願いとは?といろいろ考えをめぐらせることになるでしょう。

ブレイブ・ストーリー(上) ブレイブ・ストーリー(中) ブレイブ・ストーリー(下)

[:本:] ハードカバーだと上下巻です
 ・ブレイブ・ストーリー(上)
 ・ブレイブ・ストーリー(下)

〔送料無料キャンペーン中〕「ブレイブ ストーリー」~オリジナル・サウンドトラック~-CD- 決意の朝に
宮部みゆきさんの本は、模倣犯くらいまではよく読んでいました。
根こそぎ読んでたかも(笑)
でも一人の作家を集中して読んでると結構飽きちゃうんですよね^^;
 文章とかストーリー構成とかのクセに飽きちゃうのかしらね?
で、最近では、ICO(イコ)というファンタジーものを読んだきりでした。
ICOは世界観がまったく現在とはかけ離れているので、ブレイブストーリーとは違った作風ですが、とってもよかったですよ。

彼女の文章は、心のどこか小さい部分だけどちょっと大切なところに
チクンッてくるんです。決してあぁしなさいとかこうしなさいとか言う事ではなく、正しいとか間違ってるとかそういうことでもなく、
何か大切なことを思い出させてくれるんですな。
大切なことそのものではなく考えるキッカケを与えてくれる
っていう感じなのかなぁ?

それにしても単行本で上中下と3冊分のボリュームを
限られた時間の映画でどう表現しているのだろう?
本を読んでいてカットしてもいいような場面なんて全然ないのにー
これは、σ(・_・)いつも思うのです。
映画も好きだけど、本の方が内容がしっかりわかるから好き。
ハリー・ポッターだって1つの巻が上下に別れてからは映画では時間不足だと思うし。
そこいくと、NARNIA(ナルニア国ものがたり)は1冊で1つの映画だし
しかも1冊のボリュームが少ないからうまくできてたなぁって思います。
さぁー、ぢゃ、6冊のゲド戦記なんてどうなっちゃうんでしょうねー
最近読み始めましたが結構いい感じですよ、ゲド戦記。
映画はやっぱりレンタ待ちかなー

と、話はそれにそれてますが・・・
ブレイブストーリーは映画で観たわけじゃないので、絶対映画よりイイ!
とは言えませんが、本はとてもよかったです。読みやすいし♪

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 スペシャル・2-Disc・コレクターズ・エディション ナルニア国ものがたりセット(全7冊)

ゲド戦記(全6冊) 「ゲド戦記」サウンドトラック 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
カテゴリ
商品モニター
コメント
データ取得中...
最新トラックバック
月別アーカイブ
Links
BlogPeople
SponsoredLink
DrecomRSS
検索フォーム
Thanks
管理人へメール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ