FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可愛い子犬はドコから?

ペットショップに行くとまん丸くてぬくぬくしてて
まるでぬいぐるみのような可愛いワンコたちが沢山います。
子犬たちを見たくてついつい寄りたくなってしまうくらいです。

でも、彼ら彼女らの親たちは?一体どこでどうしてるのでしょう?

ちょっと記事が古いけど、これらがその現実です。
最近の記事ではないので参考程度にしてください。
大阪ブリーダー崩壊レスキューの記事
不良ブリーダーの実態
ペット里親会通信のブリーダー崩壊記事

JUGEMテーマ:わんこ
もちろん、絶対に悪い人たち、悪質な業者ばかりではないと思います。
一部の人たちだと思います・・。多分。
犬たちの環境や身体のことを第一に考え愛情を注いでいるブリーダーさんも多いと思います。

犬が好きで、犬たちとの暮らしを楽しんでいる叔父の友人に
ブリーダーをされている人がいます。
ブリーダーから犬を譲っていただくにはどうしたらいいの?
と、聞いた事があります。
希望がある人がいて、はじめて繁殖を決めるそうです。
仲間うちで譲れる子犬がいるか、出産予定があるか問い合わせをし
その後に決めるのだそうです。
「いつもいるわけじゃないんだ。だから頼んですぐ譲ってもらえるとか、
 すぐ見に行かれるとかじゃないんだよ。」
そう、言われました。
愛情をもって大切にされているブリーダーさんもいらっしゃいます。

けれども、人気のある犬種を無理に増やしペットショップに売りさばく、
劣悪な環境で食べるものもろくになく、水も与えられず、
狭いオリから出たこともなく、お日様の温かさも外の空気も知らず、
ただただ繁殖させられ続け、病気になっても治してもらえず、
怪我もそのまま、糞尿は片付けられるどころか、上のオリからでさえ
垂れ流し、シャンプーされることもなく臭いまま汚いまま、
何の楽しみも知らず、ただただ、人間のエゴのために生かされる、
そんな犬たちのこと知りとてもとても哀しく、
人として恥ずかしい思いでいっぱいになりました。

だからと言って、私ができることはあまりありません。
ないけれど、せめて、こういう現実を知ってほしい、
そのためにこうして拙い文章を綴ることならできる。

動物愛護のこと、法律のこと、ブリーダーのこと、
ちゃんと勉強できているわけではないのですが
私がまず知ったように、多くの人にもまずは知ってほしいと思いました。

保護団体も大きなところから小さなグループまで沢山あります。
賛同できるところも、疑問を感じることもあります。

でも、まずは現実を知ってほしいから、書いてみました。
何も知らずに、可愛い~って見ていた犬たちの出生の現実を。
いろいろな意見があるでしょうけれどね・・・・

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最新記事
カテゴリ
商品モニター
コメント
データ取得中...
最新トラックバック
月別アーカイブ
Links
BlogPeople
SponsoredLink
DrecomRSS
検索フォーム
Thanks
管理人へメール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。